チョコフレークが森永「撤退」でも不滅の理由 パッケージに変化


1967年日本で初めて販売された「森永チョコフレーク」。当時は箱入りで50円だった(画像提供:森永製菓)

「チョコフレーク」と聞いて、何のことかわからない人は、日本にあまりいないだろう。サクサク食感や、箱から出すときのカサカサ音をリアルに覚えている読者は、昭和生まれに違いない。

この夏、有名な「森永チョコフレーク」が終売となる。1967年生まれのロングセラーが52年の歴史の幕を閉じるのだ。理由は、チョコフレーク生産工場の設備の老朽化だ。千葉県野田市にある森永スナック食品の工場は、移転してチョコフレークを作り続けるかどうかの経営判断があったが、生産拠点の再編成に伴い閉鎖が決まった。

森永チョコフレーク終売のニュースは、2018年秋に日本をかけめぐった。「人気商品でしたので、多くの惜しむお声をいただいています。しかし新商品を開発し続ける中、時代の流れの中でなくなる商品があり、チョコフレークはそのひとつです」。森永製菓広報は説明する。

終売理由を「スマートフォンの普及で手が汚れるお菓子が敬遠された」と多くのメディアが伝えたが、……(中略)…… はこれからもなくなりません。お客さまからご好評をいただいておりますから、ご安心ください。ロングセラーブランドとして引き続き進化させ、新しい提案をこれからもしていきます」と、力強い。

1967年生まれのチョコフレークをめぐる状況には、時代の変化が表れている。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース