韓日議員連盟の姜昌一会長「安倍政権は稚拙」日韓の両政府を批判

【ソウル聯合ニュース】超党派でつくる韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は4日、日本政府が半導体やディスプレーの材料3品目の対韓輸出規制を強化したことに関連し、日本政府と韓国政府の双方を批判した。

 姜氏は国会で開かれた議員総会で「日本の安倍政権は悪賢く稚拙だ。政治の論理を経済問題に広めた」とし、「わが国の経済が打撃を受けるかもしれないが、日本の経済界にとっても決して良くないだろう」と指摘した。 

 また、「(日本政府の対応は)非常識すぎてとうてい理解することができない」とし、「安倍政権がこのような行動に出たのは、自国の政治用の措置、自分の政治のための韓国たたきという印象を受ける」と批判した。

 一方で姜氏は韓国政府に対して、「韓国政府も原則と名分に執着し、時期を逃してしまった部分がある」とし、「昨年12月から続いてきた問題だ。政治的な原則と名分だけを主張せず、政治的な解決で問題を解いていくべきだった」と指摘した。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… いう印象を受ける」と批判した。

 一方で姜氏は韓国政府に対して、「韓国政府も原則と名分に執着し、時期を逃してしまった部分がある」とし、「昨年12月から続いてきた問題だ。政治的な原則と名分だけを主張せず、政治的な解決で問題を解いていくべきだった」と指摘した。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース