本郷発のAIを世界へ、AIスタートアップを支援する「HONGO AI 2019」が始動

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は7月4日、アーリーもしくはシードステージのAIスタートアップ企業を表彰するコンテスト「HONGO AI 2019」の募集を開始した。最終選考会および授賞式は、10月2日に東京都文京区にある東京大学の伊藤謝恩ホールで開催する予定だ。

市場の成長性や技術の模倣困難性、チームの質などの観点から産官学の有識者が選考に加わり、事前選考を通過した企業は「HONGO AI Award」に出場できる。HONGO AI Awardの受賞企業は、ベンチャーキャピタル(VC)からの投資機会や、本事業委託先であるアドライトによる大手企業とのマッチングなどの事業支援を受けられるとのこと。

主催者のNEDOはこれまで、ロボットと人工知能の基礎的な研究と社会実装を5年前から、3年前からは社会のニーズ応じた応用研究を進めていた。また2年前にAIコンテストを開催した実績もある。今回HONGO AI事務局の協力を得てこのAIコンテストを復活させた。インターネットが普及し始めたことに渋谷近辺がビットバレーと……(中略)…… ったそうだ。大学卒業後は、就職せずに起業という流れは今後も強くなっていくだろう。

日本のAI技術が今後どのように進化するのかも含め「HONGO AI Award」に期待したい。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース