フェイスブックで世界規模の障害 インスタとワッツアップにも影響

【AFP=時事】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(Facebook)は3日、同社サービスで発生した障害により世界各地のユーザーに影響が出ていることを認め、復旧作業を進めていると表明した。

 障害発生を先に伝えていたインターネット障害監視サイト「ダウンディテクター(Downdetector)」によると、障害はグリニッジ標準時の3日正午(日本時間同日午後9時)ごろに発生し、フェイスブックの他、同社傘下のサービスであるインスタグラム(Instagram)とワッツアップ(WhatsApp)にも影響。世界中で多数のユーザーが障害の発生を訴えており、中でも欧州と北米が特に大きな影響を受けた。

 ツイッター(Twitter)ではハッシュタグ「#Facebookdown(フェイスブックがダウン)」や「#instagramdown(インスタグラムがダウン)」がトレンド入りし、これらアプリの不具合報告が世界中のユーザーから寄せられた。

 フェイスブックはツイッターへの投稿で、「当社の各アプリで、画像や動画などのファイルをアップロードしたり送信したりできない人々がい……(中略)…… ーへの投稿で、「当社の各アプリで、画像や動画などのファイルをアップロードしたり送信したりできない人々がいることを把握しています。この問題について謝罪するとともに、できる限り早急に復旧できるよう作業を進めています」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース