同性婚訴訟 国側の反論3ページのみで「拍子抜けの内容」

同性婚が認められていないのは婚姻の自由を保障する憲法に違反するなどとして、同性カップル13組26人が国を相手取り、全国4地裁で同時提訴した裁判の第2回口頭弁論が各地で始まった。

その皮切りが、愛知県内の男性カップル2人が原告として提訴した名古屋地裁(桃崎剛裁判長)で、7月2日に開かれた第2回口頭弁論だ。今後、この裁判を方向づける口頭弁論として、傍聴に訪れた大勢の支援者らが見守る中、国側に対して原告弁護団が厳しく説明を求める場面もあった。

国側は、6月に提出した準備書面で、「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」すると規定する憲法24条1項は、「同性婚を想定していない」という従来の政府見解を主張。その上で、同性婚を認めない民法と戸籍法の規定は憲法違反とはならないとした。

口頭弁論では、この書面に対して、原告弁護団はさらなる説明を求めて、急遽「求釈明申立書」を提出。憲法24条1項が同性婚を想定していないということは、「禁止」なのか「許容」なのか、国としての立場を明確にするようなどと追及した。

●原告弁護団「国からの反論が拍子抜け」

この日……(中略)…… 食べた?」といった同性カップルが登場するドラマが人気であることも話題となった。こうしたコンテンツを通じて、同性婚や同性カップルについて、知ってもらいたいという声もあった。別の参加者も、「同性婚は特別なことではない」というポジティブな情報を発信していきたいと語っていた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース