みゆな、吉岡里帆×高杉真宙「見えない目撃者」で初の映画主題歌手がける

みゆなの新曲「ユラレル」が、9月20日公開の映画「見えない目撃者」の主題歌に決定した。

「見えない目撃者」ビジュアル(c)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ(c)MoonWatcher and N.E.W.

「見えない目撃者」は、自らの過失による交通事故によって視力と最愛の弟を失った主人公の浜中なつめが、スケボー少年の国崎春馬と共に女子高生連続殺人事件の真相に迫る作品。なつめを吉岡里帆、春馬を高杉真宙が演じ、監督を森淳一が務める。

みゆなが書き下ろした主題歌「ユラレル」は、主人公のなつめが抱く不甲斐なさや事件に対する怒りが表現された新曲。初めて映画主題歌を担当するみゆなは「驚きと喜びが溢れています」と感情をあらわにしている。楽曲を聴いた吉岡は「あまりになつめの声を代弁してくれていて、驚きました」、森監督は「硬質で鋭く尖った槍で、後方から映画を串刺しにされる感じ。ダークな雰囲気を醸し出しながらも情感豊かで心地よいサウンドが、映画を観客の心にしっかりと着地させてくれると信じ……(中略)…… しくはアーチスト独自の新たな解釈を加えるのか。「ユラレル」を初めて聞いた時、その真ん中を、真っ直ぐつらぬく曲だなと感じました。硬質で鋭く尖った槍で、後方から映画を串刺しにされる感じ。ダークな雰囲気を醸し出しながらも情感豊かで心地よいサウンドが、映画を観客の心にしっかりと着地させてくれると信じています。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース