iPhone付属のイヤホンはどれほど進化してきたのか? あらためて聴き直してみたらこうだった 

iPhoneユーザーにお馴染みの白い有線イヤホン『EarPods』。独特の流線型フォルムが印象的だが、旧モデルは全く違う形状だったことを知っているだろうか?

つい先日、古い荷物を整理していたらそんな旧モデルのApple純正イヤホンを発見。今あらためて聴くとどう感じるのかが気になったので、現行モデルと比較してみることにした。さあ、果たして進化の跡は見られるのだろうか。

・新旧のアップル純正イヤホンを聴き比べ

旧モデルのイヤホンは、2011年に発売された『iPhone 4S』以前の機種に付属していた旧モデルの純正のものである。ちなみに前述の私が不意に見つけたイヤホンは破損していたので、フリマサイトで未使用品を700円ほどで購入した。

それにしても、旧モデルとはいえ無駄のない洗練されたスタイリッシュなデザインはさすがApple。今となってはあまり見られなくなったインイヤー型がなんとも懐かしい。

そして比較対象として用意したイヤホンは、2012年に発売された『iPhone 5』以降の機種……(中略)…… うか? 今後の展開がますます楽しみになるばかりだ。

Report:K.ナガハシPhoto:Rocketnews24.

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース