マコノヒーの語りで眠りに誘う瞑想アプリのCalmが約29億円を調達

瞑想アプリのユニコーンスタートアップCalmは、俳優マシュー・マコノヒーの南部なまりや作家スティーヴン・フライの英国アクセントといった甘美なトーンであなたを眠りにつかせる。昨年始まったCalmのスリープ・ストーリー機能はヒットし、200万人の有料購読者が1億5000万回超も聴き、5000万回のダウンロードがあった。多くの人が瞑想したい一方で、彼らは眠りにつく必要がある。リリースされて7年のこのアプリはついにアスピリンを服用するより習慣化できるマストの機能を見つけた。

世界中の人々を悩ましてる不眠問題を解決するのに投資したくてたまらなかったLightspeedは、企業価値10億ドル(約1084億円)のセレブエンジェルとともにシリーズBのエクステンションラウンドでCalmに2700万ドル(約29億円)を投資した、とTechCrunchに明らかにした。この資金は購読料年間70ドル(約7600円)のこのアプリが瞑想ガイドにとどまらず、自立マスタークラスやルーティーンの拡大、リラックス音楽、呼吸エクササイズ、子供への読み聞かせ、眠りに誘うセレブの語りへと中身を充実させるのに……(中略)…… m/2019/07/01/calm-sleep-stories/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース