【ライブレポート】上野耕平サクソフォン・リサイタル~詩うサクソフォン~


全国的な梅雨入りが発表された2019年6月7日(金)浜離宮朝日ホールにて、クラシック音楽界の新時代を担う若手サクソフォン奏者、上野耕平のサクソフォン・リサイタル~詩うサクソフォン~が開催された。ピアノは山中惇史。プログラムは次の通り。

01 シューマン:3つのロマンス 作品 94
02 デュクリュック:ソナタ 嬰ハ調
03 マルタン:バラード
04 フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調

つややかに響くサクソフォンの<詩声~うたごえ~>

「上野耕平のサックス道」シリーズの vol.4となる今回は、シューマンの「3つのロマンス 作品94」から始まった。この作品は元々、オーボエとピアノのために書かれたものである。ロマン派らしいクラシカルな構成で、クラシックビギナーにも馴染みやすく人気の楽曲。ソプラノサックスを携えて登場した上野耕平に期待が高まる中、ベーゼンドルファーの柔らかなピアノのタッチと、繊細なソプラノサックスの音色が、物悲しい第1楽章を歌い上げる。リサイタルタイトルに「詩うサクソフォン」とある通り、声なき歌声……(中略)…… v Saxophone Quartet

上野耕平(ソプラノ・サクソフォン)

宮越悠貴(アルト・サクソフォン)

都築惇 (テナー・サクソフォン)

田中奏一朗(バリトン・サクソフォン)

■曲目:カプースチン:プレリュード 全曲 ほか

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース