男性が語るヒールを履いたときの衝撃「爪が割れて、ずっと跡が…」

「男にヒールを履かせたい」――#KuTooの動きが注目を集める中、そんなユニークな活動を展開している靴職人がいる。

伊藤潤さん(34)は「いつの時代もルールを作っているのは男。ヒールは男が履くべきだと思っています」と強調する。2019年7月末には都内でイベントを企画。女性が主なターゲットだが、男性もヒール靴を履けるブースを設けるつもりだ。

「だいぶ歩きやすい方なんです」と言われたが...

6月20日の取材時、記者も実際に伊藤さんが作ったパンプスを履いてみた。

サイズは27センチで、5センチヒール。男性用に作ったパンプスだ。

「だいぶ歩きやすい方なんです」。伊藤さんはこう説明するが、10秒もしないうちにヒール部分がぐら付いた。歩いた場所は平面だったにもかかわらず、バランスを崩して転びそうになる。少し歩くだけでも慎重を期した。これを履いたまま走ることは、容易ではなさそうだ。

足はずっと、つま先立ちをしているような感覚に近い。伊藤さんは「5センチくらいなら内出血とかないんですけど、7センチになるとさらにつま先がぐっとなり、もっと……(中略)…… (メッセージを)送ります。男の意見が大事なので。そういう意見があればあるほど、履いてみたいって乗っかってくる人間もいるじゃないですか。10の反対が出たら10の賛成も出てくるので、もっと意見くれって言いますね」(伊藤さん)

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース