ホンダが13年ぶりF1優勝 フェルスタッペンがオーストリアGP制す

 F1世界選手権第9戦オーストリアGP決勝(30日、レッドブル・リンク=1周4・318キロ×71周)レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(21)=オランダ=が今季初優勝を飾り、通算6勝目を挙げた。2006年のハンガリーGPをジェンソン・バトン(英国)が制して以来、ホンダにとっては13年ぶりとなるF1での頂点だった。

 レッドブルの地元で大逆転勝利を飾ったフェルスタッペンは、「スタートで失敗して終わったと思ったが、追い抜きもたくさんできた。ホンダのエンジンを誇りに思う。ここで勝てたよかった」と喜びを爆発させた。スタートに失敗し、2位から7位まで順位を落としたが、怒涛の追い上げでファンを喜ばせた。69周目にフェラーリのシャルル・ルクレール(21)=モナコ=と接触しながら首位に立ったことには、「ハードなレースの一部だ。それがいらないなら、家にいた方がいい。これがF1の一部だ」と胸を張った。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 敗し、2位から7位まで順位を落としたが、怒涛の追い上げでファンを喜ばせた。69周目にフェラーリのシャルル・ルクレール(21)=モナコ=と接触しながら首位に立ったことには、「ハードなレースの一部だ。それがいらないなら、家にいた方がいい。これがF1の一部だ」と胸を張った。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース