セブンの独自コード決済「7pay」の詳細判明、複数クーポンのまとめ使いも可能に

セブン-イレブンは6月30日夜に「セブン-イレブン」アプリをアップデートし、同社独自のコード決済「7pay」に対応した。7payが始まるのは7月1日からだが、会員登録すれば6月30日の時点でチャージなどが可能だ。

7payでの決済時には、税別200円ごとに1nanacoポイント(1円相当)が付与されるので還元率は0.5%。ただし、10月31日までは付与ポイントが倍増するキャンペーンを実施するの実質1%還元となる。ちなみに、6月30日までは100円につき1nanacoポイントが付与されていたので、nanacoを使っていたユーザーにとってはポイント制度が改悪されたことになる。

チャージ方法は、各種クレジットカード・デビッドカード、セブン銀行ATM、nanacoポイント、レジでの現金手渡しが選べる。ちなみに、7payと同日にサービスが始まるファミリーマートの「FamiPay」では、レジでの現金手渡しとファミマTカードの2種類しかチャージ方法が用意されておらず、若干ハードルが高い印象。一方の7payは、先行する汎用コード決済サービスと同等以上の多彩なチャージ……(中略)…… 数十円引きのクーポンのほか、7月10日までは7payの登録で160円以下のおにぎりが無料になるクーポン、さらに1000円以上をチャージすると同じ無料クーポンをもう1枚もらえるというキャンペーンを実施中だ。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース