祝・金川真弓 第16回チャイコフスキー国際コンクール4位入賞!


ヴァイオリニスト金川真弓(かながわ まゆみ)が、2019年6月27日夜(現地時間/日本時間では28日未明)、第16回チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で第4位に入賞した(第1位はロシアのセルゲイ・ドガージン、また金川と共にロシアのアイレン・プリッチンも第4位を獲った)。現在、金川はベルリン在住だが、今後日本での演奏活動をさらに活発化させるという。

<金川真弓 受賞コメント>

チャイコフスキー国際コンクールは、小さいときから一番大きなコンクールだと知っていましたが、今回モスクワでファイナルまで演奏できたことを人生の誇りに思います。世界中のたくさんの方々にライブストリームもご覧いただき、とても特別な経験でした。後悔のない演奏もできましたし、今後も色々なことを発見していくのが楽しみです。

―― 金川真弓

<師 コリヤ・ブラッハーからのコメント>

マユミは聡明で頭の回転がとても速く、よい緊張感を持って、無駄なく取り組む術を知っています。これは才能を伸ばしていく上で大切なことです。彼女は多才な音楽……(中略)…… ジオ(NPR)を通じて全米に放送された。これまでに、日本で名倉淑子、ジュリアード音楽院プレカレッジで川崎雅夫、ロサンゼルスのコルバーン・スクールにてロバート・リプセットの各氏に師事。使用楽器は、ドイツ演奏家財団のドイツ国家楽器基金から貸与されたペトラス・グァルネリウス(マントヴァ、17世紀後半製作)。

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース