失踪したことのある音楽関係者に「なんで失踪したのか?」聞いてみた

ある日突然いなくなる失踪。警視庁によると、2017年の行方不明者数は8万4850人おり、近年は毎年約8万人が行方不明になっているのだとか。

誘拐、拉致、迷子、行方不明にも色んなパターンがあるが、自分の意志で失踪する人もいる。そんな自らの意志で失踪した人物に出会ったため話を聞いてみた。

・失踪した経緯

今回、話を伺ったのは、ライブハウス『四谷アウトブレイク』の店長・佐藤 “boone” 学さんだ。アウトブレイクで働き出す前、失踪したという佐藤店長。でも、そもそも失踪ってどうやってするんだろうか?

佐藤店長「僕は、家を出る時に『会社行ってくる』と出社して、そのまま見知らぬ街に行って携帯をへし折りました」

──確かに、連絡が取れなくなったら失踪になりますもんね。ちなみに、仕事は音楽関係だったんですか?

佐藤店長「そうです。小さい会社でしたけど」

──単刀直入に聞きます。なんで失踪したんですか?

佐藤店長「当時、21歳くらいだったんですけど結婚し……(中略)…… .livepocket.jp/e/que20190617">LivepocketReport:中澤星児Photo:Rocketnews24.

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース