「ノンストップで動いています」宮本亜門、術後初めて元気な姿 オペラ『蝶々夫人』制作発表レポート

ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ『蝶々夫人』が宮本亜門の新演出で、2019年10月から東京文化会館大ホールほかで上演される。東京でワールド・プレミエを迎え、今後ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー・ドレスデン)とデンマーク王立歌劇場などでも上演される。6月12日(水)に行われた制作発表の様子をお伝えする。

演出家の宮本亜門

東京二期会とともに『魔笛』(リンツ州立劇場との共同制作)、『金閣寺』(フランス国立ラン歌劇場との共同制作)と、最新のテクノロジーを駆使した新感覚の表現方法によってオペラの可能性を拡げ、本場ヨーロッパで高い評価を得る舞台を生み出してきた宮本亜門。ミュージカルはもちろん、ストレートプレイ、歌舞伎とボーダレスな活躍を続けているが、近年はオペラ演出家としての評価も揺るぎないものにしている。

会見で宮本は作品について、「昔からもちろん演出してみたいと思っていた作品です。だけれど、この各国で上演するという、ましてドレスデンの歌劇場でやれると聞いた時は体が震えました」と話す。
 
……(中略)…… 萩原潤/小林由樹/志村文彦/香月健

<10月4日(金)・6日(日)>大村博美/花房英里子/田崎美香/小原啓楼/久保和範/高田正人/大川博/三戸大久/白岩洵

指揮:アンドレア・バッティストーニ演出:宮本亜門合唱:二期会合唱団管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース