菅田将暉、2ndアルバムに初監督務めたショートフィルム「クローバー」主演は太賀

菅田将暉が7月10日にリリースする2ndアルバム「LOVE」の初回限定盤付属DVDに、菅田が初監督を務めるショートフィルム「クローバー」が収録されることが発表された。

「クローバー」製作の様子。

この映像は、アルバム収録曲で石崎ひゅーいが作詞作曲を手がけた「クローバー」を主題歌とするもので、主演には太賀を起用。菅田が企画、プロデュースを自身で行い、構想から約半年をかけて製作された47分のオリジナルストーリーとなっている。

「クローバー」製作の様子。

作品の中ではサラリーマンとして日々を送る主人公・ヨリトモが、上司や友人にもらったプレゼントをきっかけに身の回りのものを大事にすることの大切さを知る。太賀のほかに永嶋柊吾や石崎、菅田自身も出演し、セリフや動作などはエチュード中心で作り上げられていった。監督補佐は宇多田ヒカルやSuchmosなど多くのMVを手掛ける山田健人、スタイリングは伊賀大介が担当している。

……(中略)…… のために、ひゅーい君が書き下ろした「クローバー」は優しく、素朴で、とても彼に似合っている。初めて聴いた時、僕はこの歌をよく知っているような気がしました。そして、なんだか元気がでました。僕にとって、彼は人生の陽だまりです。そんな彼のこの歌が、誰かにとって、ありふれた日常を照らす陽だまりになりますように。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース