フレディ・マーキュリーの失われた歌を10年かけて発掘! 未発表曲『Time Waits For No One』、6月21日にリリースへ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界的ヒットも記憶に新しいQueenのボーカル「フレディ・マーキュリー」。その苦難と挑戦の人生に感銘を受けた人も少なくないだろう。

この度、そんなフレディが歌う未発表曲が発掘され話題になっている。その曲の名前は『Time Waits For No One』。2019年6月21日、失われた歌が蘇る。

・ミュージカルのために製作された曲

『メイド・イン・ヘヴン』をはじめ、これまでフレディが歌う未発表音源は結構リリースされている。とは言え、フレディが死去して28年。普通ならもうネタも尽きる頃だが、まだ未発表曲が発掘されるなんてその活動の多彩さには驚くばかりだ。

海外ニュースサイトの「iNEWS」によると、今回発掘されたのは1986年のミュージカル『Time』のために録音されたもの。製作したデイヴ・クラークは、10年かけてフレディのボーカルのマスターテープを発掘したという。

・6月21日リリース

今回リリースされるのは、歌のバッキングをピアノ伴奏にしたもの。元バージョンは48トラックの歌が入るものだが、……(中略)…… 99232&ref_url=http%3A%2F%2Famass.jp%2F121748%2F">@AbbeyRoad執筆:中澤星児

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース