Aion NetworkがJava用ブロックチェーン仮想マシンを発表

Aion Networkは、ブロックチェーン技術を促進するためのツールの開発に注力しているNPOだ。米国時間の6月5日、一般的なJava Virtual Machine(JVM、Java仮想マシン)上に構築された新しい仮想マシンを発表した。最終的な目標は、デベロッパー間のブロックチェーン人気を高めることにある。

AionのCEO、Matthew Spoke氏によれば、ブロックチェーンの採用を広める際に障害となっているのは、Javaのような共通言語のデベロッパー向けツール類が欠如していることだと言う。長年使われてきたJVMの上に、ブロックチェーン専用の仮想マシンを構築することができれば、ブロックチェーンの利用をさらに推し進めることができるようになると、Aionは考えている。

Aionが発表したのは、AVM(Aion Virtual Machine)と呼ばれる、JVMの上で動作する仮想マシンだ。AVMを利用すれば、デベロッパーは使い慣れたツールセットを使って、ちょうどスマートコントラクトのような感じでブロックチェーンを使った開発が可能とな……(中略)…… (翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース