アップルは子ども向けのiPhoneアプリの広告とサードパーティ製トラッカーを規制

Apple(アップル)はデベロッパーに対して、子ども向けのアプリにサードパーティ製のトラッカーを埋め込むことをやめるように通達した。従わなければ、そのデベロッパーのアプリはApp Storeから削除される。

Appleは、米国時間6月3日に開催されたWWDCの基調講演の後、App Storeの「子ども向け」カテゴリとして提供されるアプリのガイドラインを、こっそりと改定した。

「子ども向けカテゴリのアプリには、サードパーティの広告や、分析ツールを含めることはできない」と新しいガイドラインは示している。以前のガイドラインは、広告に対するユーザーの行動を追跡することのみを規制していた。

Appleは現在、子ども向けカテゴリのアプリに、アプリの外部に向けたリンクや、アプリ内購入の機能を含めることも禁止している。

Appleは、最近のマーケティングキャンペーンで、「iPhone内で起こることはiPhone内にとどまる」と主張した。それについて批評家は、正確ではないと指摘している。多くの場合、アプリには広告やトラッキン……(中略)…… 2019/06/03/apple-kid-apps-trackers/">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース