大野和士が語るバルセロナ交響楽団とのBunkamura 30周年記念公演~第九に込めた想い


2018年から新国立劇場オペラ部門芸術監督を務め、改めて注目を集めている指揮者の大野和士(おおのかずし)。ベルギー王立歌劇場(モネ劇場)やフランス国立リヨン歌劇場といった欧州の有名歌劇場で長らく要職を務め、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、パリ・オペラ座にも客演してきた世界的マエストロである。豊富な経験と卓越したテクニックに裏打ちされ、構築性と抒情性を兼ね備えたセンスの良い演奏は、常に客席を沸かせる。

2019年夏、大野は2015年から音楽監督を務めているバルセロナ交響楽団と来日し、7月24日に行われるBunkamura 30周年記念公演では、ベートーヴェン≪交響曲第9番 ニ短調≫と、津軽三味線の吉田兄弟との共演による委嘱作品を披露する。大野の音楽家人生にとって、Bunkamuraオーチャードホールは特別な場所。こけら落としの≪魔笛≫で指揮棒を振った時、彼は弱冠29歳であった。今回は、自らが率いるスペインきっての名オーケストラとどのような演奏を聴かせてくれるのだろうか。音楽監督としての契約が2021/22年シーズンまで延長されるなど、大野&バルセロ……(中略)…… 19:00■会場:東京文化会館大ホール 

■指揮:大野和士■管弦楽:バルセロナ交響楽団■三味線:吉田兄弟(津軽三味線) 

■予定曲目:ワーグナー:歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲ファビア・サントコフスキー:2つの三味線のための協奏曲ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース