玉置浩二オーケストラ公演、各地完売につきロシア国立交響楽団との特別公演決定

玉置浩二と欧州の名門・ロシア国立交響楽団による特別公演が、7月17日(水)サントリーホール 大ホール、7月19日(金)東京芸術劇場 コンサートホールで開催される。

心の芯に響く玉置浩二の歌唱と、巨匠デヴィッド・ガルフォース指揮によるロシア国立交響楽団の凄音&華麗な旋律の共演は、玉置浩二の5年間におよぶオーケストラ公演の集大成に相応しい公演になるだろう。

チケットは明日6月7日よりプレイガイド特別先行販売がスタートする。

ライブ情報

玉置浩二 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2019
THE EURASIAN RENAISSANCE
“ромашка(ロマーシカ)”特別公演

7月17日(水)サントリーホール 大ホール 開演19:00
7月19日(金)東京芸術劇場 コンサートホール 開演19:00

出演 玉置浩二
指揮 デヴィッド・ガルフォース
管弦楽 ロシア国立交響楽団《シンフォニック・カペレ》

■チケット16,000円(税込・……(中略)…… )指揮:湯浅卓雄 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

【名古屋】7/15(月祝)愛知県芸術劇場 大ホール(開演17:00)指揮:柳澤寿男 管弦楽:ビルボードクラシックスオーケストラ

<チケット価格>12,000円(税込・全席指定)*特製プログラム付き*未就学児童入場不可

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース