いつか誰かを殺してしまいそうな人は「マキシマム ザ ホルモン」のライブに行ったらいい

困った。非常に困った──。何に困っているのかというと、2019年6月5日、Zepp DiverCity TOKYOで開催されたマキシマム ザ ホルモンのライブ「これからの麺カタコッテリのTOURをしよう」のライブレポが全く書けずに困り果てているのである。

ロケットニュース24、および私、P.K.サンジュンに求められているのは、音楽サイトのようなライブレポではないハズ。そっち系の記事は書いたことがないし、専門家たちより上手く書ける自信もない。だが、あのすさまじいライブをどう伝えたらいいのか? 本当に困った。

・見切り発車

のっけから脱線するようで恐縮だが、普段私は記事を書く際「タイトル」から決めていく。多少ネタが弱くても引きのあるタイトルを思いつけば書き始めるし、逆にネタが良くてもタイトルが弱いとボツにする。どれだけいい文章を書いても、タイトルが弱いせいで読んでもらえなければ意味がないのだ。

だが、この記事はタイトルを後回しにして書き始めている。最終的にどんなタイトルがつくのか現段階では不明だし、これから何を書き進めていくべき……(中略)…… がなければホルモンのライブへ行け。そして勝負できる自分を愛せ──。

Report:P.K.サンジュンPhoto:浜野カズシ

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース