新国立劇場バレエ団『アラジン』福岡雄大・小野絢子・速水渉悟に聞く ~ 一瞬たりとも見逃せない、ビントレー・マジックの冒険世界


2019年6月15日から新国立劇場バレエ団『アラジン』の上演がはじまる。同バレエ団の元芸術監督デヴィッド・ビントレー氏が振り付け、2008年に新国立劇場で世界初演された作品だ。2016年の上演から3年振りとなる今回は、タイトルロールのアラジン役を福岡雄大、奥村康祐、そしてベテランながら初役となる福田圭吾が踊る。プリンセスやランプの精ジーン、魔法使いマグリブ人など、物語を彩る個性的なキャラクターには初役も多く、2018/2019シーズンの締めくくりからさらに次代へのステップが感じられるキャスティングも楽しみだ。

今回は主役の福岡雄大と小野絢子、ジーン役の速水渉悟に話を聞いた。アラジン役の福岡は初演を除く全ての公演に、プリンセス役の小野は世界初演以来全ての公演で主演。この2人は英国バーミンガムロイヤル・バレエで当作品が初演された際、ゲストダンサーとして招かれ主演している。一方速水は米国ヒューストン・バレエを経て新国立劇場バレエ団に入団し、1年目にしてジーン役に抜擢された期待の新星だ。(文章中敬称略)

[embedded content]

……(中略)…… グリブ人:菅野英男

☆6/22(土)18:00~アラジン:福岡雄大、プリンセス:小野絢子、ランプの精ジーン:井澤 駿、魔術師マグリブ人:貝川鐵夫

☆6/23(日)14:00~アラジン:奥村康祐、プリンセス:米沢 唯、ランプの精ジーン:渡邊峻郁、魔術師マグリブ人:菅野英男

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース