盲目で自閉症の男性が歌い出した瞬間別人に! 透き通るような美声で審査員が息をのむオーディション動画が鳥肌もの

息をのむ審査員、巻き起こるスタンディングオベーション。その渦中であるピアノの前に座った22才の男性は子供のように無邪気に手を叩いている。まるで何が起こっているか分からないかのように──。

2019年5月28日にアメリカで放送されたオーディション番組『America’s Got Talent 2019』に出演した男性が話題になっている。透き通るような美声は鳥肌必至!

・盲目で自閉症

その人物の名はコーディ・リー。彼は、母親に手を引かれて『America’s Got Talent 2019』のステージに登場する。審査員の質問に対して、名前や年齢などを答える彼。だがその受け答えはたどたどしい。母親のティナさんはコーディが盲目で自閉症であることを明かした後、次のように話す。

「かなり小さい頃から、コーディは音楽が大好きでした。音楽を聞くと、目をすごく見開く子だったんです。そしてコーディは歌を歌いはじめ、彼の歌は私の目に涙をもたらしました。その時にコーディは、エンターテイナーだと気づいたんです。

音楽のおかげで、彼はいろ……(中略)…… 元:YouTube執筆:中澤星児

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース