#睡眠 の質を上げるには「体を右向き」にするといい! その理由は? #jwave #ohayomorning

朝、目が覚めたときに「だるい」「熟睡した気がしない」という人は、体を右向きにして寝るのがおすすめです。いったいなぜなのか? 女性専門の疲労外来ドクター、工藤孝文さんが解説しました。

【6月3日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190603063054

■胃のカーブに沿って横たわる

なぜ、右向きで寝ると熟睡できるのでしょうか?

工藤:右向きで寝ると胃の消化力のアップにつながります。胃は体の右側に向かってカーブするように位置しているため、胃のカーブに沿って体を横たえると消化の流れが助けられるのです。また、自律神経にかかる負担も軽減されるため、質のいい眠りがキープできます。

睡眠を妨げる原因のひとつに、いびきがあります。いびきの予防にも、右向きに寝るのがおすすめです。

工藤:……(中略)…… RNING RADIO』放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース