東京二期会オペラ劇場『サロメ』開幕へ 稽古場レポート&指揮者ヴァイグレよりメッセージ動画が到着

オペラ『サロメ』のリハーサルが、都内の稽古場で行われた。このプロダクションは、ハンブルク州立歌劇場と二期会の共同制作で、演出は世界的活躍をみせるヴィリー・デッカー。演奏はフランクフルト歌劇場総監督セバスティアン・ヴァイグレが指揮する読売日本交響楽団だ。ヴァイグレは今年、同楽団の常任指揮者に就任したばかりで、就任後初のオペラとなる。

指揮 セバスティアン ヴァイグレ

[embedded content]

サロメ 指揮者ヴァイグレよりコメント


まず目に飛び込んでくるのは、舞台全体に敷き詰められたむき出しの巨大な階段だ。無駄なものは一切置かれず、殺風景といえるほどシンプルなステージだが、その威容に圧倒される。この舞台に照明が入って、さらにいかなる変化が起こるのかに期待が膨らむ。また奥行きと高低差が十分にあるため、登場人物の動きが平面的にならず、よりダイナミックな演技が生まれ、目を引きつけた。

舞……(中略)…… 田崎尚美/萩原潤/西岡慎介/成田伊美/升島唯博/吉田連/伊藤潤/新津耕平/加藤宏隆/小林由樹/相山潤平/高崎翔平/後藤春馬/寺西一真

曲目・演目:オペラ全1幕日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演原作:オスカー・ワイルドドイツ語台本:ヘドヴィッヒ・ラッハマン作曲:リヒャルト・シュトラウス

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース