マイクロソフトは伝染性BlueKeepバグへのパッチ適用を勧告

マイクロソフトは、今月2度目の勧告を出し、システムをアップデートしてWannaCryに類似した攻撃の再発を防ぐことをユーザーに促した。

同社は米国時間の5月30日に、最近発見された「ワームの侵入を可能にする」Remote Desktop Services for Windowsの脆弱性により、攻撃者は未対策のコンピュータ上でコードを実行できる可能性があることを明らかにした。そのコードとしては、マルウェアやランサムウェアなども含まれる。さらに悪いことに、この脆弱性は同じネットワーク上の他のコンピュータへの感染も許してしまう。これは、2017年に世界中に広がって、何十億ドル(何千億円)もの被害をもたらした「WannaCryマルウェアと同じような方法」によるもの。

これに対するパッチは、5月のはじめ、米国時間の毎月第2火曜日の「Patch Tuesday」と呼ばれる通常の日程ですでにリリースされている。今のところ実際の攻撃の形跡は観測されていないものの、同社は「まだ危険な領域を抜け出したと言えるような状況ではありません」と述べている。原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース