東京二期会『2020/2021 シーズンラインアップ』記者会見 〜オペラ歌手たちの新時代が到来〜

公益財団法人 東京二期会の『2020/2021 シーズンラインアップ』記者会見が開かれた。

出席は、理事長の韮澤弘志、常務理事 兼 事務局長の山口毅、二期会幹事長でバリトン歌手の黒田博、そして6月5日(水)から東京文化会館大ホールで上演されるリヒャルト・シュトラウス作曲《サロメ》に主演するソプラノ歌手の森谷真理。

(左から)常務理事 兼 事務局長の山口毅、理事長の韮澤弘志

昨年6月から理事長を務める韮澤氏からは、2700名を超える声楽家の集まりという世界でも類を見ない民間団体である東京二期会について、時代が大きく変わる中、二期会も絶えず変化するニーズに応えていく姿勢が必要である、という話があった。二期会にはアンサンブルを大切にした美しい歌の伝統がある。「互いの声の違いを認め個性を尊重し合いながら、協力、協調し、一つの音を作り上げていくアンサンブルの姿勢は、今後ますますグローバル化していく世界において、文化を認め合い衝突を回避し、平和を構築しようとする人々の指針にもなるのではないか」「大きな理想を持って言……(中略)…… :リヒャルト・シュトラウス 公式サイト:http://www.nikikai.net/lineup/salome2019/index.html 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース