指揮者・藤岡幸夫インタビュー 「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術」開催記念『読売日本交響楽団 プレミアムコンサート』についてきく

Bunkamuraザ・ミュージアムで7月13日(土)から9月29日(日)まで開催される展覧会「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術」を記念して、7月1日(月)にBunkamuraオーチャードホールでひらかれる『読売日本交響楽団 プレミアムコンサート』を指揮する藤岡幸夫に話をきいた。

ーー今回のコンサートは「みんなのミュシャ」という展覧会との連携企画ということですが、アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)について、どのような印象をお持ちですか?

僕はミュシャの作品が好きです。ポスターのパイオニアでもあり、品格が高く、美しくて。タッチがとても好きですね。

ーーミュシャはチェコ出身ですが、藤岡さんにとってチェコとは?

僕が生まれて初めて行った外国がチェコでした。1990年、「プラハの春」で4年に1度、開催されるターリヒ国際指揮者コンクールに出るためでした。それが初めてのコンクールでもありました。そのころ日本フィルに来ていたビエロフラーヴェクがアマチュア・オーケストラを振る僕の指揮を気に入ってくれて、コンクールの推……(中略)…… >出演指揮:藤岡幸夫 サクソフォン:上野耕平 管弦楽:読売日本交響楽団

曲目・演目スメタナ/交響詩〈モルダウ〉ドビュッシー/アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲ヤナーチェク/〈シンフォニエッタ〉から“ファンファーレ”ドヴォルザーク/交響曲第9番 ホ短調 作品95 〈新世界から〉

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース