中古レコードとたい焼きを売る店「ダ・カーポ」のたい焼きのしっぽに隠された意外すぎるヒミツ / 東京・五反田

私(佐藤)は街歩きが好きだ。大きな商業施設なんかより、少し歴史を感じさせるような古い小さな街並みを好んでいる。昭和を感じさせるようなサビついた商業看板を見つけて懐かしんだり、ウィットに富んだ店名が目に留まると、心のなかで「なんでやねん」と小さくツッコミを入れたりしている。そこに行かなくてはわからないことを見つけるのが好きだ。

最近も意外なお店を発見した。そのお店「ダ・カーポ」は、看板に「(used)CD・LP」とある。つまりレコード屋な訳だが、店前には「たい焼き」の文字もあった。レコード屋のたい焼き!? 気になったので訪ねたところ、あずきのたい焼きのしっぽにヒミツが隠されていた。

・中古レコード屋?

このお店は、JR五反田駅から徒歩約5分のところにある。私はこの日、レコードレーベルの徳間ジャパンコミュニケーションズに取材で出向いていた。その帰りに、街歩きのつもりで裏道を歩きながらふと見上げると、そこに「CD・LP」の文字。

へ~、こんなところに中古レコード屋か。ちょっと覗いてみようかな。レコードプレーヤーを持……(中略)…… com/author/foodqueen-satou/">佐藤英典Photo:Rocketnews24

35.626654 139.727269

日本、〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目3−10

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース