キャラ再デザインのために映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期

映画「ソニック・ザ・ムービー」への反応はさまざまだったというのは、あまりにも持ち上げ過ぎだ。しかし少なくとも、ファンはドクター・ロボトニックを演じるジム・キャリーではなく、本当に大事なソニック・ザ・ヘッジホッグの奇妙なデザインに注目することができた。

オンラインの反応が作品に影響するケースがますます増える中、Jeff Fowler監督はTwitterにて「(キャラクターの)デザインが不評で、変更が求められているのは知っている。我々はそれをするつもりだ」とし、配給元のパラマウントとデザイン変更を進めているようだった。そして、それは当初の予定よりも公開日を数カ月延期させることとなる。

Taking a little more time to make Sonic just right.#novfxartistswereharmedinthemakingofthismovie pic.twitter.com/gxhu9lhU76

— Jeff Fowler (@fowltown) 2019年5月24日……(中略)…… referrer">Twitter)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース