新型MacBook Proの分解でキーボード小改良を確認

バタフライキーボードへの移行は、最近のApple(アップル)のデザインに関する決定の中で、最も不評を買っている。キーボードが動作しない、あるいは誤動作するといった数多くのネガティブなフィードバックが寄せられた後、同社は小改良をしながら技術をアップグレードしている。

米国時間5月22日、Appleはシステムの継続的な欠点の多くを解決するであろう、新たなアップデートを発表した。そして本日、iFixitが新モデルを分解し、その内部の変更を伝えている。改良は小規模で、iFixitはまだ正確な変更点を断定していないものの、Appleの発表内容とは一致してるようだ。

「MacBook Proのキーボードの機構は素材が変更されている。Appleによれば、この変更によりダブルタイプや反応しないケースが大幅に減るとしている」

キーボードのボリュームを減らし、キー下へのゴミの混入を防ぐために昨年追加されたメンブレンにも、いくつかの変更が加えられている。おそらくではあるが、その素材が不透明なシリコンから透明なナイロンに変わっている。

タイピング……(中略)…… oopener noreferrer">Twitter)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース