デビュー30周年を迎えるピアニスト・三舩優子に自身のこと、リストの作品への思いなどをきく 『三舩優子 ピアノ・リサイタル 』

ピアニストの三舩優子がデビュー30周年を迎え、それを記念して、2019年6月2日(日)HAKUJU HALLにて『三舩優子 ピアノ・リサイタル デビュー30周年記念 《リスト~巡礼》』をひらく。プログラムは、リストの「巡礼の年第1年〈スイス〉」と「巡礼の年第2年〈イタリア〉」。自身のこと、リストの作品への思いやリサイタルの聴きどころなどをきいた。

ーーこのたび、デビュー30周年記念リサイタルをひらかれますが、まず、デビューの頃についてお話しいただけますか?

1988年秋に日本音楽コンクールがありまして(注:第1位を獲得)、翌89年からいろいろお仕事をいただくようになったので、そこをデビューとしています。89年に桐朋学園大学を卒業し、90年秋からアメリカに留学しました。

ーー幼少の頃もアメリカで過ごされたと聞きました。

6歳から12歳まで、ニューヨークの対岸のニュージャージーにいました。

ーー留学は、ニューヨークのジュリアード音楽院だったのですね。

英語に不自由しなかったですし、友人知人もいて、叔父……(中略)…… ル デビュー30周年記念 《リスト~巡礼》』

日程:2019年6月2日(日)場所:HAKUJU HALL(渋谷区富ヶ谷) 

出演三舩優子ゲスト:神津カンナ

曲目・演目フランツ・リスト:巡礼の年 第1年「スイス」フランツ・リスト:巡礼の年 第2年「イタリア」

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース