巨大なフルーツや赤いボールが六本木に出現! 「#六本木アートナイト2019」 今年の見所は? #jwave #good813 #redballproject @r_artnight

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。5月22日(火)のオンエアでは、5月25日(土)と26日(日)に開催される「六本木アートナイト2019」について、実行委員長でもある森美術館館長の南條史生さんに伺いました。

■10回目の開催! 六本木のアートのお祭

2009年にスタートし今年で10回目を迎える「六本木アートナイト2019」。六本木にある森美術館、国立新美術館、サントリー美術館が共同して、「六本木アートトライアングル」というものを作ったのがそもそものきっかけでした。

南條:まず広報活動を一緒にやって、「イベントとして一緒に何ができるかな」と思っているときに「アートナイト」が浮上したんです。そのときにパリの大使館の方が、パリの街のどこかでアートを展開して、一晩かけてみんなが楽しむという「ニュイ・ブランシュ」というイベントを持ち込んできたので、「これを六本木でやろう」と。「ニュイ・ブランシュ」ではわからないので、「アートナイト」という名前にしました。

■海……(中略)…… 13時−16時30分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース