12種類の魅力的なタイトルが次々に登場するコンパクトなゲーム機「Playdate」

スマートフォンゲームにはもううんざりしていて、今日はもうSwitchを電車のお供に持っていくことにも気が進まないだろうか?このたび、便利なMacアプリの有名なクリエイターで、最近は面白いゲームをリリースしているPanicが、どこへでも携行できるほどコンパクトで、新しいゲームを定期的に受け取ることができるハンドヘルドゲーム機を開発した。Playdateという名前だ。

過去10年間にわたり、任天堂とスマートフォンによって圧倒的に支配されていて、挑戦しようとするものさえいなかった場所に、あえて飛び込んでくる勇気を讃えよう。とはいえPanicは一大帝国を築こうとしているのではない、ただ面白くて新しい何かをやっているだけなのだ。

「驚くようなものは残されていないけれど驚くことは素晴らしい!」と、PlaydateのFAQには書かれている。「私たちPanicはビデオゲームの世界に、これまでのものとは全く違うチャンスを見ました。これまで様々な体験をしてきたビデオゲームプレイヤーの皆さんに、ちょっとした楽しさと喜びをお届けできるような、小さなものをお届けするということ……(中略)……

(翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース