イタリア交響楽団の来日を前に、指揮者のチョン・ミン&ピアニストのイヴァン・クルバンのインタビュー、さらに森本レオのコメントが届く


イタリア交響楽団(正式名称:ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団)が2019年6月、来日ツアーをおこなう。同楽団は、1960年にイタリアの南チロル(トレンティーノ=アルト・アディジェ州)トレントを本拠地として設立された名門オーケストラである。今回の来日公演では、名匠チョン・ミョンフンの息子で、東京フィルハーモニー交響楽団のアソシエイト・コンダクターも務める若手最有望者チョン・ミンの指揮のもと、各回とも名曲3曲が演奏される。なお、ピアノ協奏曲では、ブゾーニ国際ピアノコンクール2017優勝者であるイヴァン・クルバンがソリストとしてプレイする。来日公演が迫る中、チョン・ミンとイヴァン・クルパンのインタビュー、さらに、公演を応援する森本レオの推薦コメントが届いたので紹介しよう。

■指揮:チョン・ミン

チョン・ミン

ーー指揮者を目指したのは何歳のころですか?またそのきっかけをお聞かせください。

他の指揮者と比べるととても遅いです。20歳は過ぎていました。実はずっと指揮者になりたいと思っていましたが、ご……(中略)…… ます。予めご了承ください。■公式サイト: http://www.nipponartists.jp/ticket/td20190605.html 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース