メルセデス・ベンツが、自動運転車エンジニアのための新技術講座をオンラインに開講

Udacityとメルセデス・ベンツの北米研究開発ラボはセンサーフュージョンナノディグリーのためのカリキュラムを開発した。センサーフュージョンとは、複数のセンサーの値を統合して検知を行う技術、ナノディグリーとはオンライン教材のマーケットプレイスであるUdacityの専門課程制度だ。

これはオンライン教育スタートアップのUdacityが、自動運転に関連するスキルへの高い需要に応えたもので、かつて自身が提供して好評だった自動運転車エンジニアプログラムの成功を再び目指すものだ。

センサーフュージョンディグリーへの登録は米国時間5月21日に始まった。

Udacityは、AI、ディープラーニング、デジタルマーケティング、VR、コンピュータビジョンなど、さまざまな技術分野の専門課程を「ナノディグリー」として提供している。

この新しいセンサーフュージョンナノディグリーは、成長を犠牲にすることなくコストを売上に見合うものにすること……(中略)…… > TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース