反田恭平が新たにプロデュース 同士といえるメンバーを集めたMLMナショナル管弦楽団について訊く

昨年、同世代の弦楽器の名手たちとMLMダブル・カルテットを立ち上げた反田恭平が、2019年はそれをオーケストラに発展させ、自らの指揮と独奏でモーツァルトのピアノ協奏曲第17番を披露する。そんな反田に彼らと行う7月のツアーについてきいた。

ーーMLMナショナル管弦楽団はどういうオーケストラですか?

MLMとはロシア語で「音楽を愛する青年たち」を意味する言葉の頭文字から取りました。昨年、ダブル・カルテット(注:弦楽四重奏2つ分の計8名)で旗揚げしましたが、もともとオーケストラにしていきたいと思っていました。その気持ちはメンバーに伝えてあります。今回は、16名に編成を拡大して、ソリストがたくさんいる室内管弦楽団になりました。

ファゴットの古谷拳一さんはベルリン・フィルのアカデミーにいますし、皆神陽太さんは東京シティ・フィルの首席奏者です。ホルンの鈴木優さんは東京都交響楽団で吹いていて、庄司雄太さんは藝大フィルの首席です。オーボエの荒木奏美さんは東京交響楽団首席奏者で、浅原由香さんは国際オーボエコンクール・東京で最高位。フルートの八木瑛子さんはザ……(中略)…… ニ長調 KV311(反田)

・モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番 ト長調 KV453

(vl1岡本・大江、vl2桐原・島方、vla有田・長田、vc森田・水野、cb大槻、

fl八木、ob荒木・浅原、fg皆神・古谷、hr庄司・鈴木、pf&cond反田)

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース