Kバレエカンパニー『シンデレラ』20年目の伝統に新風 初主演ダンサーらが紡ぎ出す夢舞台に期待

[embedded content]

2019年5月24日(金)からK バレエ カンパニー『シンデレラ』の公演が始まる。熊川哲也芸術監督が紡ぎ出したこの演目は2012年の初演以来、バレエ団の人気演目の一つとなっている。

主演は中村祥子&宮尾俊太郎のプリンシパル・ペアを筆頭に、矢内千夏(プリンシパル)&高橋裕哉(プリンシパル・ソリスト)、成田紗弥&山本雅也(いずれもプリンシパル・ソリスト)、小林美奈(プリンシパル・ソリスト)&栗山廉(ソリスト)の4組がキャスティングされている。

このほど行われた公開リハーサルでは初めて主演シンデレラ役を務める成田と、矢内&高橋組が登場。元プリンシパルの浅川紫織とバレエマスター兼プリンシパルの遅沢佑介の指導のもと、その仕上がり具合を披露するとともに、公演にむけての思いを語ってくれた。(文中敬称略)

■童話の世界へ誘う「妖精のような魅力」の成田

最初に登場したのは成田。2018年9月に韓国ユニバーサル・バレエ団から移籍し、『ベートーヴェン第九』で早速第2楽章、第3楽章の主演に抜擢された。今回のシン……(中略)…… 日(火)18:30開演■会場:アクトシティ浜松■出演:中村祥子、宮尾俊太郎、ルーク・ヘイドン、山田蘭 ほかKバレエカンパニー ■公式サイト:http://www.k-ballet.co.jp/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース