グーグルの「音声文字変換」アプリ、犬の鳴き声やノックの音も表示へ

 Googleの「Live Transcribe(音声文字変換)」アプリに音事象を表示する機能が加わる。Googleによると、聴覚障害者が音の世界をもっと楽しむのに役立つという。


音事象を表示する機能(左)とコピー機能
提供:Google

 Googleの機械学習および音声認識技術のアップデートにより、Live Transcribeは会話だけでなく、犬のほえる声やドアをノックする音、拍手、笑い声、音楽、ホイッスル、通りすぎる車などの音も文字化できるようになる。

 Live Transcribeは、「Sound Amplifier(音声増幅)」とともに2月にリリースされた。Live TranscribeとSound Amplifierはいずれも、聴覚障害者がより簡単にコミュニケーションできるようにする狙いがある。

 Live Transcribeは、スマートフォンのマイクを通じて会話を捕捉し、その内容をディスプレイに自動表示する。

 Googleで機械学習の公正とアクセシビリティエンジニアリングを担当……(中略)…… ews/googles-live-transcribe-will-now-show-when-dogs-are-barking/" target="_blank" class="original_link">記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

記事の全文を読む⇒(CNET Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース