売りたいモノを渡すだけでいい出品代行サービス「トリクル」、全国で使える新プランの事前登録開始へ

サイトから集荷日時を選びさえすれば、スタッフが自宅まで売りたいアイテムを取りに来てくれて、さらに販売代行までしてくれる——。約1年前の2018年5月11日にローンチされた「トリクル」は、売りたいモノを渡すだけで一連の出品作業をすべて丸投げできるサービスだ。

自宅に集荷に来るという性質上、これまでは都内8区のみが対象になっていたトリクルだが、今後“既存の枠組みとは少し変わった形で”全国にて使えるようになる。

運営元のSpiceは5月13日より新事業である「トリクルBOX」の事前登録受付をスタートした。このサービスではユーザーが売りたいモノを箱に詰めて送れば、その後は通常のトリクルと同様に出品を代行してもらえる。

面倒な手間なし、モノを渡すだけの出品代行サービス

近年は「メルカリ」や「ラクマ」を始めとするフリマアプリや「ヤフオク!」といったオークションサービスを使って、個人が手軽にモノを売買しやすい環境が整ってきた。

ただ実際にそれらのサービスを使う場合、商品情報の入力を含む出品作業や購入者との取引連絡、その後の梱包や配送手続……(中略)…… サービス形態や手数料、利用フローについては順次公式サイトで発表する計画。現時点で明確なサービス開始日時については明かされていないが「早期のリリースに向けて準備してまいります」(徳泉氏)とのことだ。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース