初来日の中国国立バレエ団、5/12『白鳥の湖』公演と今後の来日に期待~馮英(フォン・イン)芸術監督にインタビュー


日本に初来日中の中国国立バレエ団が2019年5月10日、『赤いランタン』のゲネプロを公開。その際、馮英(フォン・イン)芸術監督が会見を行い、5月12日に上演される『白鳥の湖』の見どころについて語った。

[embedded content]

■バレエ団設立60周年に上演するマカロワ版『白鳥の湖』

中国国立バレエ団は今年設立60周年を迎える、同国最高峰のバレエ団。「その節目の年に初来日することができ、非常に光栄だ」とフォン芸術監督。今回の来日公演の演目『赤いランタン』は映画監督の張芸謀(チャン・イーモウ)が自身の映画『紅夢』をバレエ化した作品で、コンテンポラリーバレエと中国文化の融合とも言える傑作。一方『白鳥の湖』はバレエ団が設立時から取り組んだ最初の古典バレエで、「私どものバレエ団を象徴するにふさわしい2作を選んだ」という。

12日に上演される『白鳥の湖』は、『ラ・バヤデール』の改訂振付でおなじみのナタリア・マカロワが同じく改訂振付したヴァージョンで、同バレエ団では2007年からこのプロダクションを取り入れている。マカロワ版の特……(中略)…… )』■振付:ナタリア・マカロワ■音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー■公演日時:2019年5月12日(日)15:00 ■公式サイト:http://www.chinaballet.jp/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース