Chromeの変更がブラウザのプライバシーとセキュリティに及ぼす大きな意味

楽観的すぎると思われるのを覚悟で言えば、2019年はプライベートウェブブラウザの年になるかもしれない。

初期のころ、ブラウザはまだ混沌とした状態で、とりあえず中身をきれいに見せることに注力したものだった。セキュリティは二の次。Internet Explorerがその良い例だった。また、Google ChromeやMozilla Firefoxのような新しいブラウザが登場しても、ユーザーのプライバシーはめったに顧みられることはなかった。そうしたブラウザはスピードと信頼性に重点を置いていたからだ。

広告によって、長い間インターネットの利用は無料になっていた。しかし、侵略的な広告トラッキングが全盛をきわめるようになると、オンラインのプライバシーに対する懸念が、ようやく取り沙汰されるようになった。

Chromeは、全世界のブラウザ市場の3分の2近くのシェアを占めていると言われるが、最近改めてセキュリティとプライバシーを重視する姿勢を打ち出した。それ以前にも、先月Firefoxは、新しいトラッキング防止機能を発表していた。また、M……(中略)…… ity-changes/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース