人気YouTuberフィッシャーズがフェス出演「評価気にして立つ場所決めない」

2019年5月8日、国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)で開催される国内最大級の野外フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」の第3弾出演アーティストが発表され、ネット上で波紋を呼んでいる。

ツイッターで話題に上ったのは、登録者数550万人超のYouTuberグループ・Fischer's(フィッシャーズ)。ベテランから若手まで大物アーティストが数多く出演する歴史あるフェスに、まさかのYouTuber...ということで、厳しい声が相次いでいる。

「ロッキンにフィッシャーズは場違い」

フィッシャーズはシルクロード、マサイ、ンダホ、ぺけたん、ダーマ、ザカオ、モトキの7人からなるYouTuberグループで、2012年8月に現在のYouTubeチャンネルを開設、15年7月から大手YouTuberプロダクションのUUUMに所属している。彼らは中学時代の同級生で、仲のよさをうかがわせるテンポの良い掛け合いが特徴だ。

これまでも自分たちの楽曲を動画で披露することがあり、2018年4月には「ミュージックステーション」(テレビ朝日)……(中略)…… ッキン参戦であるなら、行くにあたってルールやら服装やら確認してから臨めたらいいね!」「別に、フィッシャーズさんがロッキンに出るのは良いとは思う...アンチとかは出るだろうけど、自分達の好きなようにやって欲しいし...けど、もし行く人がいたら、ボードとか絶対持ってかないで...」 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース