GoogleのCloud TPU Podsの最新世代はMLモデルの訓練を短時間化

Googleは米国時間5月7日、Cloud TPU Podsの第2世代と第3世代を発表した。このクラウドベースのスケーラブルなスーパーコンピューターは、最大1000基の同社特製のプロセッサ、Tensor Processing Units(TPU)を使用する。それを本日からは公開ベータで一般に利用できる。

最新世代のv3は特に強力で、プロセッサーは水冷されている。一つ一つのポッドが最大で100ペタFLOPSの演算能力を持ち、Googleによれば、世界のスーパーコンピューターの5位以内に入るそうだ。ただし、このTPUポッドはあまり高い演算精度を望めないだろう。

TPU Podは、その全体を使わなくてもいい。Googleはこれらのマシンのスライスをレンタルで提供している。しかし、いずれにしても極めて強力なマシンであり、ResNet-50の標準的な画像分類モデルをImageNetの(100万を超える)画像データセットで訓練する処理を2分で終える。

TPU v2のポッドはコア数が最大512で、v3よりやや遅い。例えば、265基のT……(中略)…… /alga.no.coocan.jp/" rel="noopener">hiwa)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース