Google I/Oはアクセシビリティ強化に全力、聴覚障害者にも電車でYouTubeを見るにも便利

マウンテンビューの本社に隣接するアンフィシアターで開幕した今年のGoogle I/Oでは驚くほど長い時間がアクセシビリティの改善に関連する発表に振り向けられた。ライブキャプションなどの新機能はすべて発話とテキストを相互変換するテクノロジーの改善をベースとしている。

テクノロジーとして特に注目すべきなのはこうした音声ベースの自然言語処理の一部が、クラウドとデータをやり取りすることなく、デバイス上で直接実行できるようになった点だ。

Androidの新しいアクセシビリティ機能は聴覚などに障害を持ったユーザーの生活の質を大きく改善するはずだ。ライブトランスクリプションは音声による発話を認識してリアルタイムでテキストに起こす機能だ。また逆に音声合成によりテキストをリアルタイムで音声化することもできる。

音声入力機能はGoogleが以前から重点項目として挙げていた。機能として単純だがスピードと精度が高くなれば非常に役立つツールとなる。 現在でもAndroid上でアプリを起動しマイクのアイコンをタップする……(中略)…… 01">@Facebook)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース