ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』主演の高田茜にインタビュー~英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマ シーズンにて5月中旬公開


英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルの高田茜は名門の中心ダンサーとして目覚ましい活躍を見せる。その高田が2019年春に主演した『ドン・キホーテ』全幕が2019年5月17日(金)~24日(木)「英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマシーズン 2018/19」の一環としてTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開される。なお、この作品は同バレエ団による6月の日本公演(下記「公演情報」参照)でも披露されるので、予習にもうってつけだ。「SPICE」では、4月下旬、高田に国際電話で単独取材を実施し、『ドン・キホーテ』の見どころや近況、今後の目標について聞いた。

Akane Takada in rehearsal for Don Quixote, The Royal Ballet (c) ROH, 2019. Photgraph by Andrej Uspenski

■自分なりのキトリ像を追求したい

――今回『ドン・キホーテ』のキトリ役を踊られての印象はいかがでしたか?

キトリは気が強く自信満々で、街で一番人気がある……(中略)…… 6/30(日)14:00「シンフォニー・イン・C」ナターリヤ・オシポワ-スティーヴン・マックレー、サラ・ラム-リース・クラーク、崔 由姫-マルセリーノ・サンベ、フランチェスカ・ヘイワード-アクリ瑠嘉*その他の演目の配役は決まり次第NBSホームページ等で告知。来日プリンシパルは各日とも総出演予定。 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース