天皇陛下がファンを公言していたアイドル「柏原芳恵」

 元号が平成から令和に移り変わり、新しい天皇陛下が即位されたことで、ある芸能人に注目が集まっている。1980年にデビューし、『春なのに』などのヒット曲で知られる柏原芳恵(53)だ。20代の頃の天皇陛下(当時の浩宮親王)は、柏原のファンを公言。1986年10月19日、新宿厚生年金会館で開かれたデビュー7周年リサイタルには、『プリンセス・サヤコ』というピンクの薔薇を東宮御所の庭から一輪切り取って持参し、プレゼントした。

【写真】アイドル全盛時代の柏原芳恵

 柏原といえば、中学2年生だった1979年10月、『スター誕生!』(日本テレビ系)決戦大会で最優秀賞を獲得。翌年6月1日、『スタ誕』の審査員である阿久悠氏の作詞、都倉俊一氏の作曲というゴールデンコンビの作品『No.1』でデビューを果たす(当初は『柏原よしえ』名義)。芸能研究家の岡野誠氏が話す。

「1980年の新人は粒ぞろいで、日本レコード大賞の新人賞には田原俊彦、松田聖子、河合奈保子、松村和子、岩崎良美が選ばれ、柏原は選考から漏れました。山口百恵が引退し、アイドル新時代の幕開けの中、最初から順風満……(中略)……

 同期デビューの松田聖子、“花の82年組”である中森明菜や小泉今日子が圧倒的な人気を誇ったため、陰に隠れがちな柏原芳恵だが、今もディナーショーなどで往年のヒット曲や最新曲を披露。根強い人気を誇っている。やはり時代を代表するアイドルの一人と言っていいだろう。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース