長岡亮介の小気味よいギターサウンドに六本木ヒルズアリーナが聴き惚れる【TOKYO M.A.P.S】

J-WAVEと六本木ヒルズが共催で、フリーライブイベント「J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S」を5月5日(日)と6日(月・祝)、六本木ヒルズアリーナにて開催した。

J-WAVEと六本木ヒルズは2008年から、音楽、アート、パフォーマンスを様々な表現で発信するイベントに行ってきた。これまで取り組んできた文化発信を、より多くの人が身近に体感・参加できる特別プログラムイベントが「TOKYO M.A.P.S」で、毎年ゴールデンウィークに開催している。年によって異なるプログラム・オーガナイザーを迎えるのが特徴だ。

今年は大橋トリオがオーガナイザーを務め、全9 組のアーティストが出演。ここでは、5日に登場した長岡亮介のステージの模様をお届けする。

長岡はペトロールズのボーカルギターであり、椎名林檎や星野源などのライブでギタリストとしても活躍。今回は各アーティストがステージに登場する前に、大橋が“天の声”で魅力を語る時間があり、長岡については「他にはない、彼ならではのスタイルが確立されている」「その音……(中略)…… 大橋トリオOvallビッケブランカフジファブリック

会場:六本木ヒルズアリーナ入場料金:無料主催:J-WAVE、六本木ヒルズ協賛:ハーレーダビッドソン ジャパンお問い合せ:六本木ヒルズ総合インフォメーション(03-6406-6000)

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース