中国国立バレエ団が初来日~張芸謀(チャン・イーモウ)監督が自身の傑作映画『紅夢』のバレエ版を演出


中国最大規模を誇るバレエ団、馮英(フォン・イン)芸術監督の率いる中国国立バレエ団が創立60年目となる2019年5月、待望の初来日公演を東京文化会館 大ホールで行う。演目は日本初演となる『赤いランタン ~紅夢~ 』と『白鳥の湖』の2演目だ。音楽は生演奏で、中国クラシック音楽界を代表する指揮者の一人、張藝(チャン・イー)が東京フィルハーモニー交響楽団を指揮する。

[embedded content]

【動画】中国国立バレエ団・馮英(フォン・イン)芸術監督芸術監督よりメッセージ


5月10日に上演される『赤いランタン 〜紅夢〜』は、中国を代表する世界的な映画監督で2008年北京オリンピック開・閉幕式の演出も担当した、張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画『紅夢』(1991年/第48回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞)をバレエ化した作品。初演は2001年5月。バレエ化にあたっては、張監督が自ら演出を手掛けた。振付はドイツ在住の王新鵬(ワン・シンポン)と中国優秀振付家の王媛媛(ワン・エンエン)……(中略)…… _blank">http://www.chinaballet.jp/ チケット情報 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース